対象が変化すること

段取りとは、仕事を行うときの手順です。段取り半分とは、段取りができれば、仕事は半分できたようなものだという意味です。

弁護士などの労働を要する仕事では、この側面が強いです。一日の仕事では、午後は段取りも良くなるので、

午前と比べて効率が上がることが多いです。弁護士が仕事を行う場合に、大事なのは仕事全体を見通して、仕事の段取りを良くすることです。

そして自分で一つやって見せて、もしくは見本を作って、これを周囲にまねさせることです。

依頼者からの事案が解決されればよいのですが、対象が大きかったり、対象が変化することなども考えられます。

対象が大きい場合は、まとまったままで解決しようとしないで、部分に分けて一つずつ解決するように案配することも重要です。

また事案の解決に向けて、プラスになることはすべて行い、マイナスになることは全てやめるようにすることも大切です。

事案の解決のために、要点や目標が分かっている場合には、そこに力を集中します。