シルバーのカウンタック

スーパーカーブームの時代に人気があったランボルギーニ・カウンタックですが、その当時私は小学1年生でした。

入学祝いに買ってもらった学習デスクには、正面にカウンタックのパネルが付いていて、お気に入りのデスクでしたね。

大人になって車を運転するようになり高速を走ると、たまにイエローやシルバーのカウンタックLP400が走っているのを見かけて、

憧れの車を間近で見れてはしゃいだりしてました。

そんな私の憧れのランボルギーニから新型が出ましたよね。

ランボルギーニ・ウラカンがそれですが、スペイン語でハリケーンというそうで、伝説の闘牛から名前をもらったようです。

アルミとカーボンのハイブリッドボディーで、V10自然吸気、デュアルクラッチ、電子プラットフォームなど、完全なるフルモデルチェンジです。

軽量化され、空力も良くなりましたが、0→300㎞/h加速は3.2秒とか、

最高速325㎞/hなどは普通のスーパーカー並ですが、憧れのランボルギーニのシートだけでも良いので一度は座ってみたいものです。

でも、最近は高速でもランボルギーニは全く見なくなってしまい残念ですが、

今でもランボルギーニを所有している人がどこかにいるのだろうと思うと本当に羨ましいですね。